続・11年ぶりにロードバイクを買った。

買ってからほど一ヶ月でその後に感じたピナレロプリンス・ディスクの所感などを箇条書きでまとめておきたい。

 

ケーブルフル内装
・下りで飛ばしてたり、向かい風で走ってたりする時に、自転車から全く風切り音が全くしないことに気がついた。意外とケーブルフル内装での空気抵抗軽減化は効果あるのかも。

 

ディスクブレーキ

最初はスルーアクスルと太めのタイヤがもたらすスタビリティに感動してたが、堀越峠の下りなどでは油圧ブレーキのメリットを感じることができた。

指一本で効きをコントロールでき、発生する制動力が実に安定してて、まるでオートバイで堀越峠を下っているのと同じ感覚だった。

カーボンリムクリンチャーで同じこの堀越峠を下ると貧乏な私は消しゴムのように摩耗していくスイスストップのブラックプリンスが気になって、できるだけシューの摩耗とリムの温度が上がらないようにポンピングブレーキをして下っていたが、ディスクブレーキだとそのような気遣いが無用な分、ラクだ。

 

フレーム特性

硬めでしなりを嫌うフレーム特性が原因なのか、シッティングでのペダリングであまりポジションを変えずにペダリングするようになった。

このピナレロプリンス・ディスクに乗り出してから、ライドから帰ってきてもスムーズなペダリングをしてるからか、疲れが少ない。

スムーズペダリングを脚が憶えているせいか、固定ローラーで回すときもペダリングがスムーズになった。まるでペダリング矯正マシンのようだ。

 

ポジション

もともとヘッドチューブが長めだったLook585 オプティマムに合わせたのでハンドル位置が少し高めだなぁと感じているが、ピナレロ純正のMostのハンドルが浅くてかつ下ハンがにぎりやすく、ライド中に割と積極的に下ハン握ってることが多くなったので
ハンドルの高さは今のままでいいかな、と思い出した。

 

ざっとこんなところだ。また追加所感が溜まったら別エントリで追加する予定。

フー・ファイターズの「Shame Shame」のミュージック・ビデオにソフィア・ブテラが出演している。

フー・ファイターズの新曲「Shame Shame」が気に入っててPVを見に行くとソフィア・ブテラが出演していた。

Foo Fighters - Shame Shame (Official Video)

www.youtube.com

この女優さん、色んなPVに出てるなー、と思ったらダンサーとしてキャリアを積んでから女優になったみたいだ。

映画「キングスマン」の両脚が刀みたいになってるガゼル役や「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」とか「アトミック・ブロンド」など大作で見かけることが多いが、アマプラのモダン・ラブ ~今日もNYの街角で~での割と繊細な役どころも良かった。

 

最近のミュージックビデオでは有名どころの女優さんが出てくることが多く、

ハリー・スタイルズの新作ではFleabag フリーバッグのフィービー・ウォーラー=ブリッジが、ジョナス・ブラザーズの「Sucker」ではソフィー・ターナーが出演していた。

Harry Styles - Treat People With Kindness

www.youtube.com

 

Jonas Brothers - Sucker (Official Video)

www.youtube.com

11年ぶりにロードバイクを買った。

11年ぶりになるがロードバイクを買った。

ピナレロ・プリンスのディスクブレーキモデルだ。

完成車だとホイールがしょぼく、またDi2にしたかったのでフレーム組みでの購入となった。

f:id:kiyoshi-n:20201227120248j:plain

f:id:kiyoshi-n:20201227133406j:plain

メカはアルテグラのDi2、ステムとハンドルは組みやすさ(メンテしやすさ)を考えてピナレロ純正のMost。ホイールはONEAER DX3 。このホイールはディスク専用クリンチャークリンチャー(チューブレス レディ)なのに1300gを下回る重量とハブはDTSwissの240S、スポークはSAPIM CX-RAYととてもコンサバなのが気に入ってチョイス。

嫁さんのドグマをダンシングのみでちょい乗りした時に、まったくしならせない方向で作られていることを勘案して、2グレード下のプリンスを選んでみた。

乗ってみると、プリンスをチョイスしたのは正解で、脚あたりの硬さはLookでいうと585より少しだけ柔らかく、565よりはずっと硬い。プリンスといえどもフレームのしなりを嫌う方向なのはいっしょで、ガチャ踏みを許さず丁寧にスムーズにまわしていくととても良く進む。

アウターのみで踏んでいく限り、佐保の上りぐらいの斜度だと最初と最後の斜度の緩いところはプリンス+ONEAER DX3のほうが速く、中間の斜度がきついところだとLook585+ボントレガー XXX カーボンクリンチャーのほうが速い感じ。

12mmスルーアクセルとGP5000の25Cのスタビリティはとても良く、荒れたアスファルトでギャップを通過しても上下にしか動きが発生しないので、サドルに腰をおろしたまま通過できる。上音羽のつづら折れの下りでも抜群の接地感とスタビリティでまるでSSバイクのように扱えるのだ。

清阪峠のような荒れたアスファルトだとLook585や565だと腰を浮かしていかないといけない場所をプリンスだとお客さんのようにサドルに腰をおろしたまま通過できるのもうれしい。

東別院から曽我部の直線的な下りでも40mmぐらいしかないセミディープリムでもよくスピードが伸びてくれた。実のところ、セミディープリムはキャリア上使うのは初めてだ。もちろんディープリムは使ったことすらない。

大変気に入ったピナレロ・プリンス・ディスクだが、万人にはおすすめできないと思う。

まず第一にペダリングスタイルがスムーズな高ケイデンスで回すしか受け付けないことだ。スティールフレームでよくある、しなりを前提としたペダリングスタイルはこのフレームはいっさい許容せず、疲れるだけになると思う。このドグマにつながる一連のフレームのシリーズはイオネスのゲラント・トーマスやクリストファー・フルームが見せてたあのペダリングスタイルでしかラクに走らないので、そういうペダリングができない人には向かないと思われる。

土井選手がyoutubeでパリの方が万人向けだという意味のことを言っていたが、おそらくパリの方がペダリングスタイルの許容範囲が広いのではないだろうか。

いずれにせよ、そういうフレームなので、ピナレロ・プリンスまたはそれ以上のグレードのフレーム買いを目論んでおられる方は高スペックホイール必須だと思ってもらった方がいいかもしれない。

f:id:kiyoshi-n:20201227131217j:plain

ディープリムホイールや25C以上のタイヤもそのうち履いてみたいな。



 

チューブレスタイヤの使用を止めた。

IRCチューブレスタイヤを2008年ぐらいから、長らくLOOK565に履かせて使用してきたが、先日のパンク修理不可の状態に陥った件で、チューブレスタイヤの使用をやめることにした。

IRCチューブレスタイヤはパンクしないし、空気保持性も高いし、面倒なシーラントいらずで使用できるのが良くて長い間使ってきたが、修理不可なパンクに見舞われるということはどんなタイヤでもあることで、そういう時にタイヤを引っ剥がすのが大変なチューブレスタイヤはやはり使えないなぁと。

 

IRCでも最新のタイヤはこころざしを曲げてチューブレスレディに仕様を変更しているし、どのようなパンクでも素早くリカバリできるのはクリンチャーもしくはチューブラータイヤを使用するのがいいと思った。ただしはチューブラータイヤは携帯しても一本なので、パンクからのリカバリは一回限りだが。

Quincy Jones Live in Paris, 2019

たまたまyoutubeで見つけたQuincy Jones の 2019年のパリのでの公演らしい。

マイケル・ジャクソンと版権か何かで揉めてた曲、ビリー・ジーンを演奏しているが、ボーカルの声がそっくりなのでびっくりした。

ジャーニーもスティーヴ・ペリーが抜けた後、そっくりな声を持つフィリピン人シンガーのアーネル・ピネダを起用した例があったが、マイケル・ジャクソンの声のそっくりさんがいるとは思わなかった。

Quincy Jones Billie JeanParis 2019


Quincy Jones Billie JeanParis 2019

CBR1000RR 6ヶ月点検

タイヤ交換後、先日走った後に6ヶ月点検でディーラーへ行ってきた。

f:id:kiyoshi-n:20201103164316j:plain

走行距離は9750kmぐらい、まだ1万キロに達していない。

オイルフィルターは前回変えたので、今回はオイル交換だけ実施して後は各部の点検、増し締めだけ。

ディーラーの店内には新しいSC82が展示されていたが、フレームのヘッド周辺が私のSC77に比べてゴッツくなっているような感じ。

f:id:kiyoshi-n:20201103165649j:plain

エンジンまわりの工作も削り出しそのままといったあんばいでレースに勝つために出してきた、というのは本当だろう。よりツーリングに向いたモデルはそのうち別に出てくるのだろう。

増車するならレブルが欲しいなぁ。

 

CBR1000RRのタイヤをS22へタイヤ交換した。

純正で付いていたタイヤ、BSのS21のリアが路面の悪いところで泳ぐようになってきたので、1万キロにあと僅か、9750kmぐらいの走行距離だったが、BSのS22に変更した。

f:id:kiyoshi-n:20201002111346j:plain

変更するにあたり、以前気に入ってたピレリのロッソ3に変える気満々だったのだが、純正で付いてたBSのS21のフィーリングが気に入ったので、その後継のS22へ変えようと思ったのだ。

BSのS21は前輪の外径が大きい印象で、気に入ったフィーリングを得られるまでプリロード、伸び/縮み減衰などかなり触ったのだ。それで銘柄を変更するとまたリセッティングに時間が取られるのがイヤだったのと、BSの前輪ハード/後輪ソフトといったフィーリングが気に入って来てたのでS22をチョイスした。

f:id:kiyoshi-n:20201002120113j:plain

f:id:kiyoshi-n:20201002120107j:plain

まだ走行距離が少なく、路温も低くなってきたのでまだ不確かだが、S21に比べてタイヤの外径がより丸くなったような感じでS21では緩慢にリーンするような場面でパタッと倒れていくような印象。グリップ感は変わらないか、もう少し良い印象。前輪の安心感は絶大で、ソフトな印象のリアはスロットルを開けやすい。

リーンのスピードが速い印象なので、もう少し乗ってみて修正が必要だと感じればプリロードを現状より強くするかもしれない。

セッティングを変えるようなことがあれば、またここへアップするつもり。